HOME>お役立ち情報>失礼のない贈り物をしよう【感謝の気持ちを込めた内祝い】

失礼のない贈り物をしよう【感謝の気持ちを込めた内祝い】

風呂敷

内祝いのマナー

内祝いというと、いただいた祝いへのお返しする事という認識です。しかし、本来の意味は違っており、自分のお祝い事の記念にものを贈ったり、幸せのおすそ分けをしたりするという意味合いがあります。そのような機会ですので、品物は失礼のないように選ばなければいけせん。そのため、内祝いに贈る品物の金額を適正に判断する事が大切です。基本的に頂いた品の半額程度の金額で選ぶ事がマナーとなっています。ただし、目上の方から頂いた時や高額の商品の時は、3分の1程度の金額でも問題ありません。内祝い品の金額が半額より少なった場合は、せっかくのお祝いしたのに気持ち伝わっていなかったと残念に感じさせる場合もあります。また、逆に高額になった場合は、お祝いが足りなかったと感じさせてしまう事になるので失礼にあたります。金額に気を付けた上で、自分らしく気持ちのこもった内祝いを贈ると大変喜ばれます。

内祝

カタログギフトのメリット

内祝いの品物選びで迷った場合には、カタログギフトを贈る人が多いです。ただし、一言にカタログギフトと言ってもそれぞれに掲載されている商品の特徴を知った上で贈るとさらに喜ばれることでしょう。例えば、相手が子育て世代であれば、ベビー用品やおもちゃが多く掲載されているものを選ぶ事が出来ます。また、女性に贈る場合は、オーガニック商品が多く掲載されているものもあります。このように相手の家族形態や趣味嗜好に沿った内容の中から、好きなものを選んでもらえるというメリットが人気のポイントです。また、全員同じ内容のカタログギフトを贈ったのではなく、ひとりひとりの事を大切に考えているという気持ちも一緒に伝える事が出来ます。